フルーツをたたえた南国ネイル


フルーツの写真

 

南国と言えば海だけではなく、フルーツも思い浮かぶと思いますが、フルールの絵を爪に書いてもらうという人もいます。

 

フルーツもリゾートネイルの1つとして考えられていて、特に人気なのは、バナナやパイナップルです。他にもいろいろなフルーツの絵を好む人がいるのですが、普通にフルーツの絵を描くだけがリゾートネイルではありません。

中にはフルーツに顔を描く場合や、サングラスを付ける場合、フルーツを輪切りにした状態にする人もいます。

 

1つのフルーツだけではなく、複数のフルーツを描く人もいるのです。このように自由度が高くなっているのもリゾートネイルの特徴だと言えるでしょう。

 

はっきりとフルーツの絵を描く場合もあれば、周りを自分の好きな色で塗り、薄くフルーツの絵を描くのが好きという人もいます。ちょっとした工夫で見せ方が全く変わってくるのがネイルの魅力です。木と一緒にフルーツを描くという手法もあります。夏場などは女性の間で人気のネイルになることは間違いないでしょう。